ピンキープラスは高校生が飲んでも大丈夫?

高い満足度のピンキープラス。成長期の高校生が飲んでも大丈夫なのでしょうか?

 

●成長期、生理中、妊娠中、授乳中は飲用を控えよう

 

成長期は特に周りの目線が気になってしまうもの。バストに悩みがある場合は、
それだけでも気持ちがドンヨリ…。けれど、悩みを何とかしたいから!と無理に飲用するのはNG。

 

ピンキープラスには女性ホルモンを促進させる成分が配合されています。
成長期の女の子にももちろん必要な女性ホルモンですが、女性ホルモンの過剰接収は注意が必要です。

 

例えば、女性ホルモンが多くなると月経の経血量が増えたり、女性ホルモンを過剰に摂取しすぎると
子宮筋腫や甲状腺の病になる可能性も。

 

こういった変化は成長期の女の子だけでなく、全ての女性に言えることです。
生理中、妊娠中、授乳中といった女性にとって体内が大きく変化する時期は飲用を避けましょう。

 

さて、女性ホルモンを促進させるホルモンについて紹介しましたが、
具体的にどんな成分が含まれているのでしょうか…?

ピンキープラスの成分とは?

さて、前回ピンキープラスには女性ホルモンを促進する成分が含まれていると紹介しました。
一体どんな成分が含まれているのでしょうか?その成分とは下記5つ☆

 

 

1)ブラックコホシュ
女性ホルモンアップに効果的で、ネイティブアメリカンが古くから用いてきたハーブ。

 

2)ロディオラロゼア
ストレス緩和に効果的で、動物実験に使用時、ストレス改善、体及び発情サイクルに変化あり。

 

3)ヘンプオイル
新陳代謝の促進に効果的。
血行促進をして健康な肌に。必須脂肪酸がたっぷりに含まれ、別名 栄養の宝庫の名も。

 

4)バレリアン
リラックスする効果があることから、海外でも使用されていたり、睡眠改善+成長ホルモン増加効果あり。

 

5)発酵ウコン
体に消化されやすくするための成分吸収量アップの働き。

 

一般的なバストアップケアサプリの配合成分は「プエラリア」や「大豆由来のイソフラボン」などが
多いみたいですが、ピンキープラスは効果が出るのかどうかを、検証していきます!

 

→ピンキープラスは本当にバストアップするのか?をチェック!

 

⇒「【要注意!】ピンキープラスは楽天ではなく公式の販売店が良い理由」のTOPページへ戻る